インドの自然医学アーユルヴェーダでは、あらゆる病気は身体と自然環境心のバランスの乱れと考え、病気は自然の力を利用して改善します。

インドでは家庭療法として広く一般に広まっており、お医者さんも西洋のお薬ではなく植物やハーブを調合したお薬と生活の改善をアドバイスします。

その中でヘルペスの治療法として有効なのが(トリファラ)と呼ばれる植物で、アーユルヴェーダの薬局ではタブレットやパウダーが販売されています。

アーユルヴェーダでは人間の体質をピッタ・カファ・バータの三種類に分けるのですが、ヘルペスのような皮膚に現れてくる異常はピッタ体質の過剰と考えられ、これを中性に持ってくるような生活改善をアドバイスされます。

トリファラは中でも、この三つの体質のバランスを整えるとして魔法のお薬として考えられ、現地の人々は体調が悪くなると朝から上澄み液を飲んだり水に溶かした液で体を洗ったりします。

私も口内ヘルペスが出た時はトリファラの上澄み液でうがいをし、タブレットを飲みます。

身体にできた湿疹やかゆみの時にトリファラを混ぜた水で身体を洗うと即効でかゆみがとまりますので、性器ヘルペスにも効くはずです。

日本ではまだあまり知られていないので、アーユルヴェーダを扱うオンラインショップを探されると良いと思います。
トリキュラー21を最安値で販売している通販は